<< 力也 | main | ヒエラルキー >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2017.07.15 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    もしかしたら…

    0
      クローン
      クローン

      いやいや、タダで映画が見れるってスバラシイね!!
      木曜洋画劇場バンザイ!!
      これで吹き替え版じゃなかったらサイコー言うことなしなんだけどね。
      今回お届けしますのは『クローン』というヤツです。
      やぁ〜、途中までなかなかどういうことだかわからずにイライラした。
      『クローン』っつー題名がわかってるだけにいつ出てくるかってなる。
      ハッキリ言おう!前フリ長すぎ!!コレだけは確かだと思うよ。

      敵の星『ケンタウリ』から送られてきたクローン人間爆弾のお話。
      ごめん、全然関係ないんだけど『ケンタウリ』を変換したときに
      一発目に『健太売り』って出てちょっと笑っちゃった。
      あ、でね『水谷豊』をもちょっと男前にしたような主人公の
      天才科学者スペンサーがクローン人間爆弾じゃないかって疑われて
      保安局に追われる身となる。主人公は自分はオリジナルだ!!
      クローンじゃない!!って証拠を探しに行くわけですよ。
      そんなドキドキSFサスペンスアクション。
      ごめん、勝手にドキドキとか付けちゃった。テヘ。
      豪華じゃね?SFでサスペンスでアクションなんですよ?
      こっから下はネタバレになるかもしれないから、読む人は注意が必要です。









      こんぐらい行間空けとけば大丈夫だと判断しました。
      最近はどんでん返しなるものが密かにマイブームです。
      主人公はクローンじゃないっていうのが本命だとしまして、
      これ、きっと妻がクローンなんだよっていうのが対抗くらい。
      いやいや、主人公クローンでしょってのが大穴とみてました。
      すげーよ、ホントに。マジでビビった。
      主人公も妻もクローンなんだもん!!
      オイオイ…あんだけ証拠集めに時間割いたのに結局クローンだったのかYo!
      しかもあんなに旦那を疑ってた主人公の妻もかYo!
      感覚から記憶から、何から何までオリジナルそっくりなクローンは
      自分がクローンだということすら気づかない。
      もしかしたら、私も気づいてなかっただけで実は……
      みたいな事を思いました。
      そんな私は完全に作り手の思うがままです。


      スポンサーサイト

      0

        • 2017.07.15 Saturday
        • -
        • 01:42
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        かなり有名になったのでもう観たかもしれないですケド
        どんでん系最強は『ユージュアル・サスペクツ』だと思います。
        ケビンスペイシーになら抱かれてもイイです(゚∀゚)

        あと最近のモノだと『アイデンティティ』がナカナカ面白かったです。
        • 危脳丸
        • 2004/11/05 7:54 PM
        ふむふむ、どちらも見たことがないです。
        とりあえず”どんでん系最強は『ユージュアル・サスペクツ』”
        という所に興味津々ですぅ!!
        DVDかりられるくらいまで貧から脱出したらかりて見たいと思います!
        そんで、またココで感想なんか喋っちゃいます。
        何はともあれ、紹介してくれてありがとうございます!

        しかし、ケビンスペイシーになら抱かれてもイイなんて
        なんてアブノーマルなんでしょう!!
        やはり…アナタは危脳丸さんですね。
        • ひよ子
        • 2004/11/05 9:01 PM
        はじめまして。
        私もTVでクローンを観ました。最後はあっと驚きましたよね。
        TBさせていただいたんですが、なぜか二つも…(汗
        ごめんなさい。削除してくださいね。(-人-*)
        どーも、はじめまして。
        いやはや、ほんとにビックリな結末でしたよね。
        あと、1つは削除しておきます。
        2つになってしまうことってたまにありますよね(笑)
        • ひよ子
        • 2004/11/06 1:30 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        クローン 2001(米)
        ブレードランナーの作者、ディックの傑作短編「偽者」をゲイリー・シニーズ主演で映画化したもの。原作は一人称で語られるなかなかに面白い短編らしいので、今度図書館で探してみようっと。 昨夜TVから偶然流れてきたナレーションにSF好きの赤ずきんとしては、つ
        • 小高い丘の上の赤ずきんハウス
        • 2004/11/06 1:03 AM
        PR
        calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << October 2017 >>
        selected entries
        categories
        archives
        recent comment
        recent trackback
        recommend
        recommend
        recommend
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM
        JUGEMのブログカスタマイズ講座